人気マクロビオティック教室が自宅で受講できる

レシピ!大根と鶏肉の炒め煮・中華味

大根料理の中ではお肉の組み合わせが一番好きなのですが、その中でも大好きな大根料理 レシピをご紹介しますね。
その前に・・・雑誌に載っていた"みりん"なのですが
この みりん
すごく美味しくて楽天の口コミでもかなりの評判。
私は、このみりんとオリゴ糖を使い分けて料理していますよ。
絶対おすすめ。

例えば、ポテトサラダなんかには、液体のオリゴ糖をドボっと入れちゃいます。
何故かわかりませんが、めちゃくちゃクリーミーなポテトサラダができます。プロレベルです。
(マネしてみてっ♪)


【大根と鶏肉の炒め煮・中華味】
・材料
大根1/2本
鶏もも肉(大1枚200グラム程度かな)
ネギ(1/2本)
しょうが(みじん切り又はチューブでも良し!大さじ1)
にんにく(みじん切り又はチューブでも良し!大さじ1)
豆板醤 小さじ1/2〜1(お好みで)
中華スープ(中華スープの素大さじ1強と水カップ2を合わせたもの)
酒大さじ1
醤油大さじ3(薄かったら足してください)
砂糖(みりん他オリゴ糖などの甘味)大さじ1
ごま油大さじ1

・作り方
1.鶏肉を小さめの一口大に切ってボウルに入れ酒・醤油を少々振り(材料には書いてません)下味をつけておく
2.大根を2、3センチの半月切り程度に切って、面倒ならしなくても良いが面取りしておく。
3.しょうが・にんにく・ネギは共にみじん切り。
4.中華鍋を熱しごま油を加えたら、3と豆板醤を炒め、良い香りがしてきたら1の水気を取った鶏肉と2の大根を加えて炒める
5.鶏肉の色が変わってきたら中華スープ・酒・醤油・砂糖をザッと入れて沸騰させる
6.落しぶた(100均でうっているようなモノで結構)をして水気が半分くらいになれば食べ頃でしょう!

これは、本当においしい!我が家ではいつもすぐにペロっと食べてしまうので、大きいお鍋で倍の量を作ってもいいかも知れません〜
基本になる、しょうが・にんにく・豆板醤は中華料理の必須アイテム♪
私は不精者なのでニンニク・生姜はチューブのものをそのまま炒めて使っていますが、油がはねるので注意です(笑)

しょうが・にんにく・豆板醤のワンセットって中華あじのレシピには欠かせないのですが、今回の大根料理レシピはそんな薬味が利いていて、おいしい・簡単レシピなんですよ。

大根の葉を使ったレシピ!

おいしい大根料理のレシピをお届けしています。
前回は、鶏肉を合わせた料理のレシピを紹介しましたが、今回はだいこんの葉を使った簡単でおいしい料理のレシピ!
小さいとき海水浴で食べた、なつかしのだいこんの葉っぱおにぎりをアレンジしてみましたヨ。

これも大根料理。「だいこんの葉&シーチキンご飯」のレシピをお届け♪
・材料
米(3合)
だいこんの葉(1個分)
シーチキン(1缶)
ふじっ子塩ふき昆布(1袋30グラム程、スーパーで売ってる)
醤油(大さじ1)

・作り方
1.米をとぎ、30分ほどザルにあげておく
2.だいこんの葉っぱは小口切りにし、熱湯でゆでて冷水をかけて水切りしておく
3.炊飯器にといだ米を入れ白米を炊くときの目盛に水を加え、塩ふき昆布を加え、シーチキンは油も一緒に加える(イヤな人は油は切ってもいい)醤油も加えてスイッチポン
4.炊き上がったらだいこんの葉を加えて混ぜ込んで、出来上がり♪

おいしいですよ〜何よりも、簡単なまぜご飯の大根料理。葉っぱは切って茹でなければなりませんが、他は入れるだけですからっ!

米を炊くのに硬く失敗した場合は、酒を1さじふりかけてもう一度炊飯ボタンをスイッチして様子をみましょう。
ごはんが柔らかくなるから、失敗したときに私が使う手。
失敗も成功にチェンジする裏技!

この、シーチキンごはんのレシピは、他にも利用できますので、色々入れて試して見てくださいネ。

鶏肉とこんにゃくのだいこんレシピ

煮物は"おだし"が味の決め手ですよね。

これを使えば煮物が断然おいしくなるっていう”おだし”がある。
それは、
コレなのですが


口コミを見てもかなりの評判どおり、
料理のレベルがプロに近づきますヨ。

私はよく圧力鍋を使う事が多い。ダイコンに限らず、煮物を作るには欠かせない。
時間短縮で簡単なおかつおいしいんですよ。

大根料理なら、ふろふき・ぶりダイコン、おでんなどの煮物によく使うのですが、中でも豚肉、豚バラ肉や鶏肉、牛すじを使った料理法が大好き。


そんな私がいつも作っている鶏肉とこんにゃくを使った大根料理レシピを紹介します!
簡単で煮物なのにおいしいレシピ♪

「鶏肉とこんにゃくの大根料理の圧力鍋レシピ」

・材料
だいこん(1/2本)
鶏肉(もも肉1枚程度)
人参(1/2本)
黒こんにゃく(1枚)
仕上げのさやえんどう(適量)
[調味料]
だし汁(3カップほど)
醤油(大さじ3〜4)
砂糖(大さじ2)
オリゴ糖やみりんなどの甘み(大さじ1)
酒(大さじ1)

・作り方
1.だいこんは半月切りか乱切りに切る。人参(乱切り)と鶏肉はひとくち大の大きさに切り、味が浸み込むようにこんにゃくは手でちぎるようにして切る。
2.圧力鍋にサラダ油を熱し、切った材料を入れて炒める。
3.[調味料]を加えてふたを閉め、シュッシュとなるまでは強火で。
4.おもりが勢いよく回り始めたら弱火にし、10分程加圧した後火を止めて、ふたをあける。
5.味を調整してもう一度弱火でふた無しで10分程煮て出来上がり♪

仕上げはレンジでチンしたさやえんどうをのせて!

切干だいこんの極ウマレシピ♪

天日干しした細切りのダイコン、その名は切干大根。
安いし、栄養価は抜群だし、日持ちもする、まさに3拍子揃った食材だ。
最近は、切干大根の中ににんじんも入った袋詰めも売っていてかなり重宝します。
夏頃には変色してしまうので、春になったら冷蔵庫に入れて保存が望ましい。

そんな切干を使ったおいしい大根料理の簡単レシピを紹介しますよ。

「切干大根と合挽き肉の炒め煮」
材料 切干大根1パック、合挽き肉100グラムほど、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、酒大さじ1、だし汁カップ2

・切干大根を軽く水洗いし、水に浸して戻し(戻し方は袋の裏面に・・)ザルに上げる
・フライパンに油を少々入れ、ひき肉を炒め、色が変わったら戻したきりぼし大根を投入
・その他調味料を全部入れ、だし汁も投入
・汁が少なくなるまで煮てできあがり

お肉が入った切干だいこんを汁も一緒にご飯にかけて食べると、2回くらいお代わりしちゃうくらいおいしいのだ♪
ダイコン嫌いなお子様にも!!
美味しい切干だいこんの作り方でしたー
大根料理はとってもおいしくて大好きです。

大根料理ならかいわれで美肌レシピ

かいわれは、普通のだいこんと同じ、またはそれ以上の栄養価がありβ−カロチンやビタミンB群が豊富に含まれた野菜ですが、美容にも良いそう。

ビタミンCはレモンと同じ量を含むというから、まさに美白効果アリなんですね。

かいわれを使った大根料理では
サラダや焼肉に巻いたり、お味噌汁に入れたりしても美味しい。

私の一押しかいわれ大根料理

生ハムを使ったレシピ。

材料は生ハム半パック、かいわれ(多めに)、水菜、きゅうり、スライスチーズ、マヨネーズ(適量)
・水菜、かいわれだいこんは生ハムより少し長めに切っておく。
スライスチーズは、細切りにして、きゅうりは斜めにスライス(これも生ハムの直径より長めに千切り)
・切った材料を生ハムの上にコンモリとのせ、真ん中にマヨネーズを適量のせてくるくる巻いて出来上がり♪
酒の肴にもうってつけ。
チーズとマヨネーズが効いてとても旨い!

カイワレの苦味もグッド。おススメのかいわれ大根料理レシピでした。

亀戸だいこんの簡単レシピはいかがでしょう

ダイコンといえば、青首(あおくびだいこん)、桜島(さくらじまだいこん)や亀戸(かめいどだいこん)練馬(ねりまだいこん)などが有名。

簡単な大根料理レシピ、料理方法は漬物ですが、漬物には生でもおいしい亀戸ダイコンが向いています。
亀戸だいこんの旬は2月中旬から5月頃。一夜漬けなんかが良いですネ。

薄く切り、塩でもみ、水分を含んだら水で流して軽くしぼる。
(葉っぱがあれば一緒に調理するとおいしい)
塩味でも醤油味でも、唐辛子でも、自分流の味付けに葱や薬味などをビニール袋にだいこんと一緒に放り込み外側からもむ感じで混ぜ合わせ冷蔵庫に!

すぐ食べれちゃう。
簡単でおいしい、大根料理です。

漬物には葉っぱを使っても美味しい。
大根の葉の漬物はみじん切りして温かご飯にまぜて、おにぎりにするとこれがかなりおいしい。
(幼い頃、海水浴で食べた懐かの味でもある・・・)

グッチ裕三さんがNHKきょうの料理で、昆布茶を使ったスープ、ピーラーで剥いて炒めただいこんをサッと煮るスープなのだが、作ってみたら旨っ!
「大根のつるつるスープ」っていう大根料理。
さすがです♪

だいこんを選ぶ際は水分が詰まっているずっしり重たいもの。
そして根が硬い、葉っぱは鮮やかな緑色をしている事に気をつけて買いましょう!
保存の仕方は葉の部分を切り、葉っぱは早めに調理しちゃった方が良いです。
白い部分は、新聞紙やラップにくるんで野菜室(5℃くらい)へ保存すると長持ちしますヨ。